2007年03月24日

丸型でシフォンを焼いてみました。

シフォンケーキといえばまん中が丸く穴のあいた、あのカタチ。
これは黒蜜シフォンです。
↑コレ。これが当り前。

型はまん中にエントツのようなものがついていて、
焼き上がったらそのエントツを瓶などに刺して
型を逆さまにして冷まします。

なんでかって言うと、シフォンってばあんまりにも柔らかくって
メレンゲたっぷりでと〜ってもふくらんで。
で、焼き上げてからそのまんまにしてると、
自分の重さで沈んじゃうんですよね。。。

だから、焼き上がったら逆さまにして冷ます。
(その時下にボトッ!なんて落ちないように
型にはバターも油も紙も敷かずに生地を入れて、
型に生地が貼りつくようにしますよね。)

で。この穴にはもうひとつ意味があるんですよね。
火が、生地にまんべんなく回るように、
ムラなく焼きあがるように。

ホント、シフォン型ってうまく出来てます。(考えた人、尊敬!)

でも。。。
たまには丸型やパウンド型なんかでも、焼いてみたいじゃない?
丸型で焼ければ、デコレーションケーキのスポンジとしても、
使えるじゃない?

どうにか出来ないかなぁ?
とりあえず「逆さまにして冷ます」事が出来れば
もしかしたら大丈夫なんじゃないかなぁ??

と、考えて。
やってみちゃいました♪(前置き長くてすみませんw)

じゃじゃーん。
とりあえずデコレーションした完成画像をば。
丸型でシフォン1
(デコレーションのショボさはひとまず置いといてw)
上手く出来てるように見えるんだけど。。。
ところが、なのです(;_;)

やっぱりというか、中心部分が沈んでしまったのですよ。しくしく。
(大失敗、とまではいかずとも、成功〜とは喜べない出来でした。。。)

でもでも。
やってみて思ったのです。
焼き時間や温度を変えれば、イケるんじゃないかな?
例えば今回170度で45分焼いたけど、
180度で30〜40分くらい焼いたら上にアルミホイルをかぶせて
更に15〜20分くらい焼いてみたらどうだろう?

ええ。まだ諦めてはいないのですw


とりあえず、今後の参考に今回のレシピをUP。


VWVWVWVWVWVWVWVWVWVWVWVWV

【材料(21cm丸型1台分)】
卵黄:3個
卵白:4個
砂糖:80g
水:100cc
サラダ油:50cc
小麦粉100g

他、バニラエッセンス、レモン汁少々

【作り方】
※丸型は底の取れるタイプのものを使用します。
底の部分を中に敷かず、外側に付けてアルミホイルで軽く固定します。
普通のシフォンと同じように、型には何も塗ったり敷いたりしません。

(1)卵黄に砂糖の半量を加えてもったりするまで
ハンドミキサーで泡立てる。

(2)泡立てながら、水、バニラエッセンス、サラダ油の順に入れる。

(3)ふるっておいた小麦粉を入れて更にハンドミキサーで混ぜる。

(4)別のボウルに卵白とレモン汁少々を入れハンドミキサーで泡立て、
5分立てくらいになったら砂糖を入れて更に泡立て、
しっかりとしたメレンゲを作ります。
(ボウルを逆さまにしても落ちてこない、のが目安です)

(5)メレンゲの1/3くらいを(3)に入れて、ヘラでしっかり混ぜ込みます。

(6)残りのメレンゲを加えたら、泡を潰さないようにサックリと手早く混ぜ、
丸型に流し込み、表面を平らにならして、
型のフチまでヘラなどを使って生地を塗りつけます。
(膨らみを均一にする為)
丸型でシフォン2

(7)170度にあたためたオーブンで約45分焼きます。
丸型でシフォン3

(8)小さなスフレ型を三角形に、丸型のフチがギリギリかかるくらいの間隔で置き、
焼き上がったら丸型を逆さまにしてその上に置きます。
丸型でシフォン4

(9)完全に冷めたら底部分、側面部分をナイフ等を使って型からはがします。
丸型でシフォン5

(10)半分にスライスして、生クリームや果物を挟み、
周りをデコレーションして完成です。
(今回は家にあった桃の缶詰を挟んで、上には苺を飾りました)


VWVWVWVWVWVWVWVWVWVWVWVWV

出来上がったケーキを持って友人宅へ遊びに行ったのですが
友人のお子様達には好評でした^^
「これスポンジだけでも美味しいよ!」と言ってもらえて
ホッと胸を撫で下ろしたのですが。。。

でも自分的に全然満足のいく出来ではなかったので(しくしく)
次回は焼き時間と温度を変えて、もう一度チャレンジしてみます!




レシピブログに参加してま〜す
recipe-blog
posted by なる at 20:52| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作りましょ〜♪(食) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36758056

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。